ケーブルテレビよりも安くBS放送を見るためのアンテナ工事

アンテナも交換が必要?工事を依頼する時の目安

テレビアンテナにも実は寿命があることを知っていましたか?2003年に地上デジタル放送が開始されてから10年以上が経過しています。当初から交換せずに使用している家庭は交換の時期かもしれません。

テレビアンテナの適切な取り換え時期は?

テレビアンテナ寿命ってどのくらい?
テレビアンテナの寿命は短いもので10年といわれています。10年を過ぎると、受信状況が悪くなり、画質が悪くなることがあります。ですから、設置から10年を目安に点検や修理をした方が良いでしょう。そして、状態が悪いアンテナは、思い切って交換することをオススメします。常に屋外に設置してあるために、雨や風、ホコリや花粉が故障の原因になります。

10年が寿命とは知らない方が多いのではないでしょうか。テレビアンテナの状態を確認するためにも、こまめな点検が大事になるのです。そして、10年以上使用しているテレビアンテナは交換するために、設置工事をプロの電気工事屋に依頼すると良いでしょう。好きなテレビ番組を視聴するためには、正常な状態を維持することが大切になります。

アンテナ工事を行なってBSを視聴することのメリット

地デジ放送以外にもBSデジタル放送を楽しんでいる方も多いでしょう。特に、地デジでは放送してない韓流ドラマも沢山放送しているので、40代の専業主婦を中心に視聴している方は多くいます。BSデジタル放送を視聴する2つの方法の違いを簡単に説明します。

ケーブルテレビとBS/CSアンテナとは

ケーブルテレビ
ケーブルテレビと契約を行ない受信する方法です。その地域のケーブルテレビ局で放送している番組をセットアップボックスと専用の配線を設置することで視聴することができます。BSデジタル放送以外にも、多数のチャンネルを視聴できます。
BS/CS対応アンテナ
基本的にBSデジタル放送は無料で視聴することができます。そのため、自宅にBS/CS対応アンテナの設置工事を行なうと、無料で好きなだけ視聴することができるでしょう。アンテナの購入費と工事費の初期費用だけで、BSデジタル放送を堪能できます。

ケーブルテレビとアンテナ利用の最大の違いは、ランニングコストです。ケーブルテレビの場合は、契約期間中は視聴しなくても毎月使用料金が発生しますが、アンテナを利用した場合は、設置工事後の使用料金は発生しません。家計のことを考えるとBS/CS対応アンテナがお得です。

せっかく交換するなら断然BS/CS対応アンテナがおすすめ

アンテナ設置から10年以上経過している家庭は、交換を検討している時期かもしれません。せっかく交換するのなら、BS/CS対応アンテナにした方が良いでしょう。地デジ放送では、視聴することができない番組が多数あります。韓流ドラマも毎日のように放送していますし、海外のプロスポーツもリアルタイムで観戦することができるため、スポーツ好きな旦那さんも喜んでくれるでしょう。また、音楽チャンネルもあるために、流行に敏感な子ども視聴できるため、家族のテレビライフが変わります。家族のコミュニケーションを円滑にする手段としても、BS/CS対応アンテナは活躍してくれます。

TOPボタン